「仮面ライダーカブト」#3「擬態」

#3「擬態」
(脚本:米村 正二/監督:田村 直己)

「仮面ライダーカブト」#3「擬態」
台本 役名 俳優・女優・声優/スーツアクター
「仮面ライダーカブト」台本 天道 総司/仮面ライダーカブト 水嶋 ヒロ/高岩 成二
加賀美 新 佐藤 祐基
日下部 ひより 里中 唯
天道 樹花 奥村 夏未
田所 修一 山口 祥行
岬 祐月 永田 杏奈
カブトゼクター スラージ・ガジリア
ナレーション 鈴木 英一郎
玉井 ユキ 菊地 美香
(「特捜戦隊デカレンジャー」
ウメコ/デカピンク)
IT 社長(友情出演) 村上 幸平
(「仮面ライダー 555」
草加 雅人/仮面ライダーカイザ)
加賀美 亮 佐々木 和徳
ゼクトルーパー  
ワーム(サリス)  
ホタル怪人(ランピリスワーム)  
鈴虫怪人(ベルクリケタワーム)  

台本と放送を比較しました(台詞やト書きの細かい違いは省略)。

  • シーン 5. 同・別の通り(夜)
    • 台本
      1. 細い路地まで走って逃げたユキ、後ろを振り返ると誰かにぶつかった。
      2. ユキ「
    • 放送
      1. 地下通路まで走って逃げたユキ、後ろを振り返ってから、前を向き直して歩き始めると誰かがいた。
      2. ユキ「どういうこと?
  • シーン 7. 同・店内(開店前の準備時間)
    • 台本
      1. 加賀美「いるいる!」
        と、盆を奪って席に着くと改めてサバ味噌を見つめる。
      2. 加賀美、それを待ってた様に席を立ち、向かいに座る天道に食って掛かる。
        加賀美「天道!お前のせいで俺がどういう目に遭ったか知ってるのか!」
      3. 加賀美、悔しげに座るが、天道は盆を引き寄せ、サバ味噌を食べ始める。
    • 放送
      1. 加賀美「いるいる!」
        と、盆を奪って席に着かず改めてサバ味噌を見つめる。
      2. 加賀美、それを待ってた様に立ちっぱなしで、向かいに座る天道に食って掛かる。
        加賀美「天道!お前のせいで俺がどういう目に遭ったか知ってるのか!」
      3. 加賀美、悔しげに立っているが、天道は盆を引き寄せ、サバ味噌を食べ始める。
  • シーン 8. 渋谷付近の高台
    • 台本
      1. 舞台は高台
    • 放送
      1. 舞台はビルの屋上(以下同)
  • シーン 10. 渋谷付近の高台
    • 台本
      1. 田所「事件だ」
    • 放送
      1. 田所「加賀美、どこにいる?事件だ」
  • シーン 11. ZECT 指令車内
    • 台本
      1. 緊張しながら銃を受け取った加賀美、
        加賀美「ありがとうございます……あの、カブトの男の捜索は」
        田所「既に本部の人間が動いている」
    • 放送
      1. 緊張しながら銃を受け取った加賀美。
        カット
  • シーン 13. とあるマンション前
    • 台本
      1. 下ろした髪が乱れ、怪しげな視線のユキ A、マンションへ向かおうとするがパトカーが通ると足を止め、踵を返して歩き去る。
    • 放送
      1. 下ろした髪が乱れ、怪しげな視線のユキ A、マンションへ向かおうとするが警官を見ると足を止め、踵を返して歩き去る。
  • シーン 14. 天道家・全景
    • 台本
      1. 場面転換のためのシーンでト書きや台詞なし。
    • 放送
      1. シーン 14 丸ごとカット
  • シーン 15. 同・ダイニング
    • 台本
      1. 樹花「ただいま〜!」
        と、学校帰りの樹花が来る。
        天道「お帰り」
        樹花、ダイニングに来ると天道が用意したテーブルのデザートを見て、
        樹花「すご〜い!」
      2. 樹花「おいし〜! ねぇ、お兄ちゃん、最近楽しそうだけど、もしかして待ってたものが来たの?」
      3. 樹花「(いぶかしげに)なにそれ
      4. 樹花「へ〜!あたしも食べてみたいな〜」
    • 放送
      1. カット
        樹花「すご〜い!」
      2. 樹花「おいし〜!グー! ねぇ、お兄ちゃん、最近楽しそうだけど、もしかして待ってたものが来たの?」
      3. 樹花「(いぶかしげに)丸特
      4. 樹花「へ〜!あたしも食べてみたいな〜」
        天道「まかせろ」
  • シーン 16. 街中の通り
    • 台本
      1. ユキ A が入ったかもしれない路地まで来るがそこにもいない。
        戻ってみれば亮の姿もない。
        途方にくれる加賀美、「探したぞ」と、いきなり背後から肩を掴まれた。
        天道「鯖はまだか? 妹が食べたがっているんだ。
        妹のささやかな願いを叶えるのはお前及び全人類の義務だろう」
    • 放送
      1. ユキ A が入ったかもしれない路地まで来るがそこにもいない。
        戻らない。
        途方にくれる加賀美、無言で、いきなり背後から肩を掴まれた。
        加賀美「お前か」
        天道「鯖はまだか? 妹のささやかな願いを叶えるのはお前及び全人類の義務だろう」
  • シーン 18. 同留置所・牢内
    • 台本
      1. ユキ B「(ふと岬見て)
    • 放送
      1. ユキ B「(ふと岬見て)ワーム?
  • シーン 20. 同・留置所
    • 台本
      1. 看守の所に天道が来る。
        天道「鍵だ」
        看守「は?」
        と、なっている間に天道は男の手元にあった鍵を奪い、留置所入り口の鉄格子扉の鍵を開けようとする。
    • 放送
      1. 看守の所に天道が来る。
        カット
        天道は男の手元にあった鍵を奪い、留置所入り口の鉄格子扉の鍵を開けようとする。
  • シーン 21. 同・署内
    • 台本
      1. 天道「(前略)ZECT の力がどれほどのものか、見せてもらおう」
    • 放送
      1. 天道「(前略)ZECT の力を見せてもらおう」
  • シーン 22. 同・近くの通り
    • 台本
      1. 加賀美「早く来いよ」
    • 放送
      1. 加賀美「何やってんだ、早く来い」
  • シーン 23. 遊園地っぽい場所近くの待ち合わせ場所
    • 台本
      1. ユキ A「あなた何なのよ」
        ユキ B「あなた何なのよ」
        男「君たちこそ何なんだ。君たち双子だったの……?」
        ユキ A「あんた消えなさいよ!」
      2. 加賀美「やっぱりお前がワームだったんだな」
      3. その背後でユキ B がワーム化して立ち上がった。
        天道「なんだ、留置所の方だったのか」
        加賀美「(振り向き)うわっ!」
      4. M カブト、クナイガン・ガンモードを連射し、吹っ飛ぶワーム、脱皮してホタル怪人になり、消えた。
        加賀美「クロックアップしたぞ!」
    • 放送
      1. ユキ A「何なのよあなた」
        ユキ B「何なのよあなた」
        男「君たちこそ何なんだ。君たち双子だったの……?」
        ユキ B「違う、私がユキよ」
        ユキ A「私よ、私が本物よ。あんた消えなさいよ!」
      2. 加賀美「やっぱりお前がワームだったんだな。もう終わりだ
      3. その背後でユキ B がホタル怪人化して立ち上がった。
        加賀美「(振り向き)うわっ!」
        天道「なんだ、留置所の方だったのか」
        加賀美「こいつ!」
      4. M カブト、クナイガン・ガンモードを連射し、吹っ飛ぶワーム、最初からホタル怪人なのでクロックアップして、消えた。
        加賀美「クロックアップだ!」
  • シーン 25. 近くの人けのない通り
    • 台本
      1. 加賀美「お前まさか俺に同情して」
      2. 加賀美「そういうことか。まったくお前はいつも自分中心だな」
    • 放送
      1. 加賀美「お前まさか俺に同情して言ってんのか
      2. 加賀美「なるほどね。まったくお前はいつも自分中心だな」